アクセスサイトマップ

ナースの声

【新人(1年目)】岡野 真奈

昨年の4月から手術室で働き始めてもうすぐで一年になります。
一日一日が忙しくあっという間の一年に感じられました。

始めてのころは、手術が始まるまでに何を準備すればいいのか、手術の進行状況などまったくわからずとまどうことが多かったです。

しかし、プリセプターや先輩方が分からないことについて一から指導してくれたので、徐々に一人で動くことができるようになりました。
まだ、一人前とはほど遠く日々失敗の連続です。そのため、おちこむこともありますが失敗から学ぶことが多いと思います。

今後は、もっと勉強して手術の楽しさや手術に対する学びや理解を深めていきたいです。

【リーダー看護師】小野 佳子

私の受け持ち患者さんは「最期を迎える覚悟で入院した。とにかく痛みをなんとか楽にしてほしい」と入院された。
彼は両親と3人暮らしで、母親は父親の介護をしていた。

私は、鎮痛剤の使用だけでなく、安楽な体位や睡眠など希望に沿える看護を心がけた。主治医や医療チームで取り組んだ結果、疼痛コントロールができ穏やかな表情が増えていった。母親は息子に付き添えない悲しみや必ず電話をかけてくる息子を思い「かわってやりたい」と泣いて訴えた。入院して1カ月ほど患者さんとその家族の話を聴き、最期は家族に見守られ、眠るように旅立たれた。

病院に入院する患者さんは、社会背景、家族背景、価値観や性格も違い、誰一人とっても同じ人はいません。
求められるものも患者さんによって違います。私たちが関わるのは、患者さんにとって人生の中のほんの短い時間かもしれません。
しかしその人がその人らしく生きるために、患者さんや家族に寄り添い、その人にあった援助をすることが看護師としての誇りです。

【摂食・嚥下障害看護認定看護師】加藤 恵子

「ひとりでも多くの方の笑顔がみたくて」

口から食べるということにこだわり、機能が低下している部位を特定しいかに代償方法を用いて食べられるようにするか。いつもそのことを考えながら患者様に向き合っています。
また、院内だけでなく退院後も継続ができるように地域の病院・施設の方たちと手を取り合いながら、口腔ケアをはじめ、より安全に摂食できるポイントなどを研修を通しながら質の向上を目指しております。
患者様を取り巻く多くの職種の方たちと連携し合い、その患者様が不安なくよりよい生活が送れるように支援しています。
何かお困りなことがございましたら、ご相談ください。